放射線量測定10.11報告&難民政策

Halloweenの飾り

ローゼルとアマランサス

10月になり、日差しは強いながらも、秋の景色がそこここに見られるようになりました。いつも測定に行く中央公園でもハロウィンの飾りと、秋の実りが目立ちます。今回写真に撮ったローゼルという珍しいハーブは、世界各地の熱帯地方に分布している植物で、ガクの部分などは生食もでき、ハイビスカスティーに利用されるそうです。また、ミヤンマーでは葉の部分を炒め物やスープにすると書いてありました。ミヤンマーと読んで、しばらく連絡を取っていなかったミヤンマーからの知り合いに思いを馳せました。

最近メディアでも取り上げられることが多くなったので、鎌倉に難民認定申請者のシェルターがあることをご存じの方も多いと思います。何度か尋ねていろいろなお話を伺う機会がありました。日本の難民認定率は他の国に比べ格段に低く、難民認定の在り方に関しては、国が大きく動き出さなくてはなりません。ただ、入管難民行政に変化を求めても時間のかかる問題であり、その間、在留資格がない外国人は、いつ入管施設に収容されるともわからず、ただ日々を自国にいるよりは命の危険がないというだけで、仕事にも就けず、保険もない状態で、無意味に過ごさざるを得ない状況です。知り合いのミヤンマーからの方も同様で、どれほど日本語が上手で、どれほどいろいろなことに長けていても、明確な目的なく日々を過ごしています。

人間として、目的なく生きていくことのつらさは耐え難いものだと考えます。鎌倉市議会は、『人道的見地で難民政策の見直しを求めることに関する意見書』を6月議会で賛成多数で可決し、国に送っています。地方自治体単位でできることは多くはありませんが、昨日から始まっている鎌倉市長選において、同じ人間として、選挙権はなくとも、すべての人を取りこぼさない政策を求めたいと思います。

 

測定場所              地上5cm   地上1m

ネット鎌倉事務所裏          0.032 μ㏜/h  0.027
ネット鎌倉事務所表          0.036        0.033
中央公園子どもの森トイレ前緑地    0.025      0.035
中央公園ハーブ園奥草地        0.018      0.018
中央公園しし石手前 公園奥の小川   0.08      0.038
笛田公園クスノキの下         0.043      0.027
笛田公園あずまや手前緑地       0.03        0.019