放射線量測定 あれから7年

2018年3月11日 16時35分 | カテゴリー: 活動報告

3.11を忘れないために毎月続けている放射線量測定です。あれから7年、今も日常が失われたまま、時間が止まったままの原発事故被害者がいます。その苦しみや悲しみを代わることはできないけれど、私たちが努力することはできます。原発事故被害者の暮らしを守るために国に働きかけること、そして、あってはいけないけれど、原発事故が起きた場合を想定して、市内対象者に安定ヨウ素剤の事前配布を市に働きかけること。できることをひとつづつ、みんなで。

ちょうど日曜日になった今日、鎌倉ではのどかな風景が広がっていました。

 

測定場所 地上10cm
(μ㏜/h)
地上1m
(μ㏜/h)
ネット鎌倉事務所裏 0.038 0.025
ネット鎌倉事務所表 0.054 0.037
中央公園子どもの森トイレ前緑地 0.084 0.045
中央公園ハーブ園奥草地 0.018 0.024
中央公園獅石手前公園奥の小川 0.067 0.036
笛田公園管理事務所脇クスノキの下 0.047 0.028
笛田公園あずまや手前緑地 0.025 0.01

中央公園子どもの森トイレ前の小川の端にある石の上に置いたところ、驚いたことに、1μSv/h を超える数値が出ました。石からでる自然放射線の可能性が高いですが、空間線量も0.084という一番高い数値が出たので、今後も注視していきます。