東日本大震災から5年の日の測定

2016年3月14日 09時59分 | カテゴリー: 放射線量測定, 活動報告

東日本大震災から5年目の今日、午後には各地で祈りと追悼の行事が予定される中、ネットはいつも通り、放射線の定点測定を行いました。3月とはいえ、じっと測定していると、身震いしたくなるような、寒い日です。

IMG_8511玉縄児童公園

玉縄子ども広場B

IMG_8523中央公園

中央公園A

5年という時を経ても、放射性物質の危険性がなくなるわけではありません。福島各地で、子どもの甲状腺がんの発生率が異常であるという報告されているという報道もあり、常に危機感を抱いていく必要があります。鎌倉では、今日も低い放射線量でした。雨のせいか、公園には人の姿がほとんど見られませんでしたが、子どもたちの未来を守る手伝いが少しでもできることを誇りに思います。

放射線測定結果 3月11日(小雨)        μ㏜/h (小数点以下第3位四捨五入) 
測定場所/高さ 10㎝ 1m
事務所(大船3-3-15) 0.05 0.05
事務所 0.04 0.04
玉縄子ども広場A 0.04 0.03 南東角 樹木下
玉縄子ども広場B 0.02 0.02 砂場
中央公園A 0.07 0.06 芝生広場水路
中央公園B 0.06 0.05 芝生広場脇
中央公園C 0.02 0.02 休憩所脇
中央公園D 0.03 0.03